オニオンスープの作り方。
気まぐれな大学生の気まぐれな日記。感じたことを書いてみる(´∀`)ノ
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

響

Author:響
ポルノグラフィティ大好きな大学生。
詳しいプロフィールはこちら↓



気に入ったらランキングクリックよろしくお願いします(・ω・)



ブログランキング・にほんブログ村へ



FC2カウンター

閲覧中

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たくさんの人と私。
私にはほんとに支えてくれる人たちがたくさんいて。
話を聞いてくれたりして。一緒にいてくれたりして。
どれだけ周りから、どれだけ支えられてるんだろうって。
そんなことを感じた一週間だった。

だからね。ちゃんと自分で、自分の時間を持てた気がしたの。
それがね、なんていうかしっくりきたんだよね。連絡ないの辛かったけど。
やっぱり私は私らしくしよう。やりたいこと、やろう。自然でいよう。

でもそれってわがままを言うとかそういうことじゃない。
そうじゃなくって、その上で相手を尊重するってこと、大事なんだなって思った。
私には私の時間、相手には相手の時間。きっとそれすらつぶそうとしてたんだな。
でも気付いた、それって、それって、私らしくない。
きっと、やっと、相手を信じるってこういうことなんだって思えた。長かったね。
好きな人を信じるってこういうことなんだね。

私にだって友達はいるし、相手にだって友達はいる。
その時間だって、大切にしたいもんね。
会えるときだけでもいい、その時にお互いがお互いを想えればいいのかな。
その時間がお互いの癒しの時間になればいいな。
メールがなくったって、きっと大丈夫。会った時に話してお互いの時間を埋めればいいんだ。

この時期を一緒に乗り越えたい。一度も乗り越えたことない壁を。
だから私は待つんだ。重いなんて感じさせないように。笑って待ってるよ。
もう平気。何言われたって、私は覚悟は決まってるから。
いっつも前見て歩けると思うから。

だけど茶髪の人を見るとつい目を追っちゃうのはほんと。
やっぱり、好き。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://malinconia1to2beato9.blog70.fc2.com/tb.php/31-c5ca1225
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。